Spaghetti house Yokoi

スパゲッティ・ハウス ヨコイ

ヨコイのこだわり

すべての始まりは「ヨコイ」から。

名古屋名物「あんかけスパゲッティ」の元祖「ヨコイ」。
1963年に横井博(山岡博)がイタリア家庭料理のミートソースをヒントに、
当時まだ一般的ではなかったスパゲッティを広げる為、
日本人が好むようなソースをということで考案し誕生したのが「ヨコイのソース」です。
仕込みからお客様の口に入るまで一週間以上かけて仕上げる
ヨコイオリジナルのミートソースが今でも美味しさの秘訣となっています。
出前などもやりながら少しずつ世間に浸透していったそうです。

スパゲッティハウスヨコイの歴史

昭和34年頃、当時の丸栄ホテル(現:名古屋国際ホテル)で洋食の調理人として働いていた横井博(当時28歳)は、仕事の合間で料理の研究に励んでおり、
独立を目指していました。
当時、飲食店もまだ少なく、スパゲッティ専門店など名古屋にはありませんでした。そこに目を付けた横井博は、洋食のデミグラスソースとイタリア家庭料理を
ヒントに、ピリッと濃厚なヨコイオリジナルのミートソースを考案し、誕生させました。
ヨコイソース誕生の過程では、食べなれていない味ということもあり酷評が多かったらしく、何度も試行錯誤し完成に至ったそうです。
ヨコイソースの完成後、このソースに合うスパゲッティを選定の際に、食品関係者の方から「こんなに太いスパゲッティどこも使っていませんが、良いのですか?」
と言われていたそうですが、その2.2mmの極太麺が現在でもヨコイで使用されており、今やヨコイをはじめとするあんかけスパゲッティ専門店では、
この極太麺は欠かす事のできないものになっております。
昭和36年に友人と共同出資で、東新町にそーれを開業させ、その後、昭和38年に「スパゲッティハウス ヨコイ」を開業させました。
創業当時は、カウンター8席の小さなお店でしたが、なんとかヨコイのスパゲッティを世に広めたいという思いがあり、深夜2時までの営業や、
出前などもやりながら少しずつ世間に浸透していったそうです。

人気3大メニュー

これが名古屋名物、あんかけスパゲッティ!肉と野菜の形がなくなるまでじっくり煮込んだソースにブラックペッパーを入れ、ピリっとパンチを効かせたヨコイオリジナルの“ミートソース”です!

  • ミラカン
    (ウインナー、ハム、ベーコン、オニオン、ピーマン、マッシュルーム)
    創業当時にお客様の声から生まれ、今やヨコイの代名詞!
  • ミラネーズ
    (ウインナー、ハム、ベーコン、マッシュルーム)
    創業時から続く、厳選した赤ウインナー・ハム・ベーコンを使用した代表作です!
  • 海老ネーズ
    (ウインナー、ハム、ベーコン、マッシュルーム、海老フライ)
    名古屋の代表グルメが1皿に・・
    あんスパ×海老フライ。絶品の名古屋めしです!

TOP